捕鯨船団出航を公表 水産庁

2008.12.10 13:01 産経新聞

このニュースのトピックス:捕鯨
 水産庁は10日、今年11月中旬に今シーズンの調査捕鯨のため、捕鯨船団が日本から南極海へ出航していたことを公表した。調査捕鯨の妨害を繰り返している米環境保護団体シー・シェパード(SS)に航海情報を察知されないようにするため、これまで公表を控えていたが、船団が安全な海域に達したと判断して公表した。

 同庁などによると、調査捕鯨は来年4月中旬まで行われ、クロミンククジラなど900頭前後を捕獲する計画。ザトウクジラ50頭の捕獲も検討されたが、商業捕鯨の再開交渉で、反捕鯨論を刺激することを避けるため見送られた。

 捕鯨船団は昨シーズン、SS活動家に乗り込まれるなどの妨害を受けたが、今シーズンも同様の事態が起きた場合、水産庁は、活動家を日本の捜査当局に引き渡す方針を固めている。
[PR]

by deracine69 | 2008-12-10 13:01 | 社会  

<< カンボジア、男性が鳥インフルに感染 小渕少子化相の起用「子ども産ん... >>