原子力空母の上等水兵、路上で男性殴り逮捕…横須賀

1月2日9時17分配信 読売新聞

 神奈川県警横須賀署は1日、原子力空母ジョージ・ワシントン乗組員の米海軍上等水兵アブドゥール・カリム・バリー容疑者(26)を暴行容疑で現行犯逮捕した。

 発表によると、バリー容疑者は1日午後11時25分頃、横須賀市若松町の市道で、前を歩いていた同市の飲食店従業員男性(37)の左ほおを、追い抜きざまに1回殴った疑い。

 調べに対し、バリー容疑者は「(男性が)両手で自分の胸を押してきたので押し返しただけだ」と容疑を否認しているが、男性は「胸を押したりしていない」と話しているという。バリー容疑者は友人宅で酒を飲んだ後だったという。

 ジョージ・ワシントンは、昨年9月に米海軍横須賀基地に配備された。同署によると、乗組員が日本で逮捕されたのは初めてという。
[PR]

by deracine69 | 2009-01-02 09:17 | 社会  

<< イスラエル軍の空爆6日目、死者... ウクライナへのガス供給停止=欧... >>