企業は派遣の正社員化を ラジオ収録で首相

2009年1月2日 17時48分 共同通信

 麻生首相は3日以降放送の政府広報ラジオ番組収録で「雇用が安定しないと消費にもつながらない。雇用と生活を守ることが景気の流れを好循環にしていく」と雇用確保の重要性を訴え、企業に派遣の正社員化支援を積極活用するよう促した。5日召集の通常国会で審議される第2次補正、09年度予算案は緊急性を要すると指摘した上で、野党側が審議を引き延ばした場合「国民が納得しないのではないか」とけん制。


麻生首相、ラジオ出演で小沢氏に対抗?…予算の早期成立訴え
2009年1月2日22時08分 読売新聞

 麻生首相は3、4の両日全国10局で放送される政府広報ラジオ番組「栗村智のHappy!ニッポン!」(音声提供・ニッポン放送)で、予算の早期成立の必要性を訴える。 民主党の小沢代表も年末年始にインターネット番組に出演し、政権交代への意気込みを語るなど、衆院選を意識して年頭から2大政党の党首が火花を散らしている。

 首相のラジオ番組は12月25日に首相官邸で収録された。首相は「予算案を一日も早く成立させることが一番の景気対策になる。今の景気は緊急性を要しており、たらたら引き延ばしはできない。国民がなかなか納得されないんじゃないか」と野党をけん制した。

 また、「日本が今回の不況から一番最初に脱出を宣言できる国にしたい。今回の金融危機は先進国の中じゃあ一番傷が浅い。少なくとも米国みたいに自動車産業がつぶれちゃう話じゃない」と強調した。

 一方、民主党の小沢代表は1日、大みそかに東京・秋葉原で出演した番組に続き、東京・原宿の公開スタジオでインターネットの動画サイト番組に生出演。小沢氏は濃紺の着物姿で登場し、「今の政治に不満がない人は皆無だ。国民は必ず『政治を変えなくちゃいけない』という政権交代の判断をしてくれると思っている」と述べた。

 オバマ次期米大統領のものまねで知られるタレントのノッチさんが飛び入り参加。小沢氏は、明治神宮の参拝客に向けてオバマ氏をまねたポーズをとるなど、無党派層の支持拡大を意識してソフト路線でのぞんでいた。
[PR]

by deracine69 | 2009-01-02 17:48 | 政治  

<< <ガザ空爆>1週間で死者400人超 携帯メールで攻撃の脅し=イスラ... >>