衆院選で単独過半数獲得=民主が09年度活動方針案

1月9日19時9分配信 時事通信

 民主党の2009年度活動方針案が9日、明らかになった。今年を「政権交代を実現する政治決戦の年」と位置付け、次期衆院選で単独過半数獲得を目指す方針を明記した。13日の常任幹事会で提案、18日の定期党大会で決定する。

 活動方針案は「総選挙後に国民政権を担う。政権の主役は衆参両院の民主党議員と、協力・連携して戦った野党各党の議員」とし、社民、国民新両党などと連立する方向を示した。

 参院では野党多数ながら、民主党単独では過半数を占めていない現状を踏まえたもので、方針案は「参院での民主党主導をより確実なものとすべく10年参院選必勝に向けた態勢を確立する」とも強調した。
[PR]

by deracine69 | 2009-01-09 19:09 | 政治  

<< 廃虚写真「模倣された」 プロ写... 安達祐実、井戸田潤夫妻が離婚 >>