給付金辞退を批判=細田自民幹事長

2009/01/09-13:24 時事通信

 自民党の細田博之幹事長は9日午前、都内のホテルで開かれた公明党都本部の新春交歓会であいさつし、定額給付金について「『辞退する』と格好つけることを言う人もいるが、そうじゃない」と述べた。受け取り辞退を表明した甘利明行政改革担当相を批判した発言とみられる。

 細田氏はまた「閣僚ももらって地元で使って少しでも景気、振興に使おうという提案が(同党から)あってわれわれも賛成した」と述べ、公明党主導で高額所得者にも受領を求めることになったことを明らかにした。
[PR]

by deracine69 | 2009-01-09 13:24 | 政治  

<< 安達祐実、井戸田潤夫妻が離婚 「わたり」例外規定、首相「撤廃... >>