公明党、臨戦態勢…自民と軋轢も 全国県代表協議会

1月25日1時11分配信 産経新聞

 公明党は24日、党本部で全国県代表協議会を開き、次期衆院選と7月12日投開票の東京都議選に向け本格準備に入った。太田昭宏代表は、「すべての戦いにすべて勝つ。勝利を可能にする党勢拡大の大波を起こしていく」などと気勢を上げた。同党は平成21年度予算成立後をめどに、衆院解散・総選挙のシナリオを描いているが、麻生内閣の支持率は低迷したままだ。麻生太郎首相が衆院選の時期を決めきれず、自民、公明両党間で軋轢(あつれき)が生まれる可能性もある。

 今月半ば、九州で開かれた公明党の賀詞交換会で、会場が凍り付くような一幕があった。

 「公明党の皆さんにはご迷惑をかける。次期衆院選で自民党は下野してしまうだろうが、それからの巻き返しもある」。招かれた自民党の中堅議員がこう切り出し、頭を下げたからだ。

 この模様を聞いた公明党幹部の1人は「とんでもない話だ。1回下野したら政権奪回は難しい。昔とは違う。危機感が足りなさすぎる」と怒りをあらわにした。

 次期衆院選は、平成18年9月にスタートした太田代表-北側一雄幹事長体制では初めての衆院選となる。一昨年の参院選では3選挙区を落とすなど大敗を喫した。

 党執行部は次期衆院選について「公明党が勝てなければ政権維持はありえないし、下野するような逆風なら公明党も大敗する」(選対関係者)とみている。このため、選挙区8と比例23の合計31の「現有議席の死守」と同時に、「自公両党での政権維持」を最大の目標として掲げている。

 気がかりなのは、首相が解散・総選挙に踏み切るタイミングだ。公明党は(1)予算成立後で経済対策がスタートする4月以降の時期(2)7月の都議選までの間に一定の期間をおける時期-を希望している。

 だが、首相がいつ、解散・総選挙を決断するのか判然としていない。さらに、麻生政権が支持率を回復しないままで、公明党が次期衆院選の時期をめぐって、衝突の構えをみせれば「与党内の足並みの乱れが注目され、さらに政権の足を引っ張ることになりかねない」(公明党幹部)。同党は最も重視している選挙時期をめぐる綱引きさえ、力加減を配慮しなければならない状況が続いている。
[PR]

by deracine69 | 2009-01-25 01:11 | 政治  

<< 「英国経済は終わり」論争 ブラ... カストロ前議長の写真、2カ月ぶり公開 >>