浅間山が小規模噴火=噴煙2000メートル、関東南部にも灰-警戒継続・気象庁

2009/02/02-12:21 時事通信

 気象庁は2日、群馬・長野県境の浅間山(2568メートル)で同日午前1時51分ごろに小規模な噴火が発生し、同8時ごろまで火山灰の噴出が続いたと発表した。噴煙は火口から高度約2000メートルに達した後、南東方向に流れ、関東地方南部でも灰が降った。大きな噴石は火口の北側約1キロまで飛散した。

 同庁は1日に噴火警戒レベルを5段階で3の入山規制に引き上げており、引き続き警戒を呼び掛けている。

 浅間山の小規模噴火は昨年8月以来、約半年ぶり。灰が降ったのは長野県軽井沢町、群馬県富岡市、埼玉県熊谷市、東京都千代田区、横浜市、千葉県君津市など。千代田区で浅間山の降灰が確認されたのは、2004年9月17日以来。

 気象庁は機動調査班2人がヘリコプターで浅間山上空の調査を行った。噴火以降、山頂火口直下が震源とみられる火山性地震の回数は減少し、マグマの上昇を示すとみられる傾斜計の変化は鈍化した。噴煙は火口の縁から高度約100メートルで推移している。
[PR]

by deracine69 | 2009-02-02 12:21 | 社会  

<< シーシェパード、また捕鯨妨害=... 鹿児島・桜島も噴火=入山規制に... >>