半年かけ駐車券偽造、元デザイナー「ばれないと思った」

2月16日14時57分配信 読売新聞

 大阪府公安委員会が交付、発行する駐車禁止除外指定車標章とパーキングチケットを偽造したなどとして、府警駐車対策課と西署が、同府松原市別所、元デザイナー大出華(あつむ)容疑者(64)を有印公文書偽造、同行使容疑で逮捕していたことがわかった。

 チケットは半年をかけ、文字の濃淡など本物そっくりに仕上げており、大出容疑者は「駐車料金を浮かせるためにやった。納得のいく出来栄えで、ばれないと思った」と容疑を認めている。大阪地検は16日、同罪で起訴した。

 捜査関係者によると、大出容疑者は1月13日、駐車禁止場所になっていた大阪市西区の市道にマイカーを止めた際、偽造した身体障害者用の標章をダッシュボード上に置いていたほか、偽造チケットを5枚所持していた疑い。
[PR]

by deracine69 | 2009-02-16 14:57 | 社会  

<< 内閣支持16%=発足後最低、不... 中川財務相 陳謝、「機内で風邪... >>