中川財務相 あきれる国民 首相にも批判の声

2月17日13時51分配信 毎日新聞

 しどろもどろの「醜態」を世界中にさらした会見から2日。中川昭一財務・金融担当相は17日会見し、「景気を良くする気持ちは非常に強い」と、予算と関連法案の衆院通過後の辞任を表明した。批判の強まりで辞任に追い込まれた印象は否めず、麻生政権はいっそうの打撃をこうむった形だ。以前から飲酒を巡る問題が指摘されていた中川氏。有権者からは「首相がすぐに辞めさせなかったのはおかしい」との批判の声が上がった。

 「健康管理が不十分で、多大なご迷惑をおかけしたことを深くおわびする」。午後0時半過ぎから財務省内で会見した中川財務・金融担当相は淡々とした口調で辞意を表明した。

 濃いグレーのスーツに身を包み、用意した紙に時折、視線を落とす。「昨晩から今朝にかけて診察を受け、風邪、疲労がたまっているとの診断を受けた」とも説明した。「もとより未熟でございますが、景気を良くするという強い気持ちも持っている。残された日々に全力を尽くしたい」。言葉の端々に悔しさがにじんだ。「午後から予算委員会があるので」。最後にそう言い残して、席を立った。

 深酒による酩酊(めいてい)は否定したものの、海外メディアには「居眠り運転」と酷評された。“お友達”の麻生太郎首相から16日夜に続投を指示されたが、未曽有の経済危機に直面する中、辞任に追い込まれた。

 ◇「次はしっかりした人を」

 買い物帰りの千葉県富里市の主婦、田中雅美さん(46)は「あの映像で世界中の人に日本の恥をさらした。麻生さんがすぐにクビにしなかったのもおかしい。次はしっかりした恥ずかしくない人を大臣に選んでほしい」と要望する。税務署に確定申告に来ていた横浜市神奈川区六角橋の無職、宮田澄子さん(78)は「常識的に考えて会見前には飲酒しないと思うので、薬の影響というのは本当だろう。ただ、ろれつが回らないような状態で会見するのは恥ずかしい」と話した。
[PR]

by deracine69 | 2009-02-17 13:51 | 政治  

<< 会見の醜態は最も視聴された…海... TVはいつまで田中義剛「花畑牧... >>