小池百合子氏「首相ぶれずに」 小泉チルドレン地元で

2009年2月23日22時44分 朝日新聞

 小池百合子元防衛相は23日、山梨県昭和町内で、自民党衆院議員の小野次郎氏(山梨3区)の開いた時局講演会に出席、「小泉(純一郎元)総理はぶれなかった」と述べ、最近の麻生太郎首相の政治姿勢を「ぶれないメッセージを伝えてもらいたい」と批判した。

 小池氏は、麻生首相について「今、政局が厳しい中で、リーダーとしてぶれることなく、自民党の総裁として引っ張っていただきたい」などと話した。

 一方、小野氏は、定額給付金を含む第2次補正予算の関連法案について、小泉氏が再議決に欠席する意向を示したことに触れ、「3分の2の数の力で押し切るのは望ましくない」「(給付金の)具体的な配り方は市町村に任せればいい」と述べた。自らの対応に関しては、「自民党という船から下りようと思っているわけではない」「自分の行動については最後まで慎重に判断する」と明言を避けた。
[PR]

by deracine69 | 2009-02-23 22:44 | 政治  

<< 矢野氏の参考人招致で一致=小沢... 視察、財務省の「公務」でない=... >>