えひめ丸事故で「自分も沈没」=自らの閣僚辞任を例える-笹川氏

2月25日0時59分配信 時事通信

 自民党の笹川堯総務会長は24日、都内で開かれた同党参院議員の会合であいさつし、森内閣当時に科学技術政策担当相を務めていたことに触れ、「閣僚に任命されてうれしかったが、運悪くハワイ沖で潜水艦が日本の船にどーんと当たり(自分も)やむなく沈没した」と語った。

 2001年にハワイ沖で米原潜と愛媛県立宇和島水産高校の実習船「えひめ丸」の衝突沈没事故が発生し、森喜朗首相(当時)は対応のまずさを批判され、その後退陣した。笹川氏の発言は、森首相退陣に伴う科技相辞任を船の沈没に例えたもので、「不謹慎」との批判を招きそうだ。


えひめ丸事故で森内閣沈没…自民総務会長が不適当発言
2月25日0時17分配信 読売新聞

 自民党の笹川総務会長は24日夜、都内で開かれた自民党参院議員の会合であいさつし、自らの経歴を振り返る中で、「森内閣の時に閣僚に任命されてうれしかったが、運悪く潜水艦がこともあろうに船の上にドーンと上がって、あれでやむなく(内閣が)沈没した」と述べた。

 内閣退陣を、2001年にハワイ沖で実習生ら9人が死亡した愛媛県立宇和島水産高校の実習船「えひめ丸」と米原子力潜水艦の衝突事故に例えたものだ。党内からも「被害者への配慮を欠いた発言だ」との指摘が出ている。
[PR]

by deracine69 | 2009-02-25 00:59 | 政治  

<< 捜査情報漏洩 逮捕の警部と警部... 長野県参事、首つり自殺=村井知... >>