単行本に弁護士名指し批判 光市母子殺害、真宗大谷派が回収

2月26日13時16分配信 産経新聞

 真宗大谷派(本山・東本願寺、京都市下京区)が刊行した単行本の詩集に、山口県光市の母子殺害事件で死刑判決を受けた元少年の弁護士を名指しして非難した記述があり、機関誌「真宗」3月号に謝罪文を掲載、回収していることが26日、分かった。

 同派出版部によると、回収を呼び掛けているのは平成19年10月に刊行した「念仏詩文集枯草(こそう)独語」。宗派僧侶で詩人でもある著者が、弁護活動への認識が不十分なまま、事件で死刑判決を受けた少年の弁護士を非難した。

 同書は5000部が印刷され、約200部が販売された後、問題が発覚。現在は絶版で一般書店では扱っていないが、約50部が未回収という。同派は弁護士に謝罪したという。

 同派は「編集段階で内容を確認すべきで申し訳ない」としている。
[PR]

by deracine69 | 2009-02-26 13:16 | 社会  

<< 「法的利益侵害」認めず 靖国神... 政治資金「支出0円」 虚偽記載... >>