高速道で泥酔運転…蛇行、バック 「ホスト歓迎会で飲んだ」18歳逮捕

3月3日13時33分配信 産経新聞

 酒に酔って車を運転したとして、千葉県警高速隊は、道交法違反(酒酔い運転)の疑いで、千葉県市川市のホストの少年(18)を逮捕、千葉地検に送検した。高速隊は、少年が「(最近入店したホストクラブの)歓迎会で酒を飲んだのは確かだが、自分が運転したかどうかは覚えていない」と容疑を一部否認していることを明らかにした。高速隊によると、同乗者はなかった。少年は当時1人では歩けないほど泥酔していたという。

 高速隊の調べによると、少年は2日午前7時半ごろ、千葉市花見川区幕張町の京葉道路下り線で、酒に酔った状態で乗用車を運転した疑い。対向車線を走っていた車両の男性会社員(22)が、運転席のシートを倒した状態で蛇行やバックを繰り返し、斜めに止まった不審な車を見つけ、110番通報したという。

 当時は通勤時間帯で、上下線とも渋滞していたという。少年は2日未明にかけて酒を飲んでいたとみられている。
[PR]

by deracine69 | 2009-03-03 13:33 | 社会  

<< 中国が「沖縄総領事館」打診、日... 「人工衛星」でも迎撃=防衛相 >>