フライト待つ“静岡の翼”、フジドリーム1号機公開

2009年2月28日20時23分 読売新聞

f0013182_1495987.jpg 6月4日開港予定の静岡空港を拠点に定期便を運航する「フジドリームエアラインズ」(FDA、本社・静岡市)が28日、引き渡しを受けたばかりの1号機を公開した。

 ブラジル・エンブラエル社製の小型ジェット機「ERJ170型」(76人乗り)で、全長約30メートル。「小型でも目立つように」とデザインされた真っ赤な機体が目を引く。同サイズの機体に比べて客室が広めで、革製の座席が特徴という。

 7月中にも静岡と小松空港(石川県)を結ぶのを始め、静岡―熊本、静岡―鹿児島便が就航する。
[PR]

by deracine69 | 2009-02-28 20:23 | 経済・企業  

<< 水たまらぬダム…想定以上の浸透... 「もうろう記者会見」の根底にあるもの >>