感染農場のウズラ出荷=6都県に4870羽、自粛要請前-鳥インフル

3月4日22時8分配信 時事通信

 愛知県豊橋市のウズラ農場で鳥インフルエンザが発生した問題で、農水省は4日、県が移動自粛を要請する前に、最初の発生農場から卵を産まなくなったウズラが4870羽出荷されていたと発表した。一部はタカやハヤブサなど猛きん類の餌として、同県を含む6都県10カ所の業者や愛好家に販売。大半は回収・焼却したが、茨城、岐阜、東京の計3業者などに渡った300羽は既に猛きん類が食べており、各都県が鳥インフル感染の有無を検査している。
[PR]

by deracine69 | 2009-03-04 22:08 | 社会  

<< 小沢代表支持を確認=衆院選控え... 小沢氏秘書が献金要求か=資金団... >>