自民品川区議団、政調費報告に漫画やポルノ小説領収書

2月18日3時21分配信 読売新聞

 東京都品川区議会の自民党区議団が、政務調査費の収支報告書に、漫画や推理小説、ポルノ小説などの領収書を添付していたことがわかった。

 提出された書店の領収書は一見しただけでは書籍名はわからないが、レシートにある識別番号からわかった。同区議団は「不適切なものがあった」として、政調費の返還に向け過去の収支報告書などを調べている。

 同区議会は、収支報告に書籍名の記載を求めていない。だが大手書店などのレジで印字されたレシートには、「ISBN(国際標準図書番号)」と呼ばれる識別番号が記載されており、書籍名が特定できる。

 読売新聞の情報公開請求に対し、議会側が開示した2004年度~06年度上半期の2年半分の領収書を調べた結果、辞典や評論書のほか、山村美紗さん、内田康夫さん、大沢在昌さんらの推理小説やハードボイルド小説などが少なくとも11冊あった。

自民党品川区議団 (公式ウェブサイト)
お問い合わせフォーム (公式ウェブサイト)
[PR]

by deracine69 | 2007-02-18 03:21 | 政治  

<< パレスチナ連立政権への対応焦点... アドテックス事件の元組長、新興... >>