自民幹事長の資産疑惑を指摘=「財団法人敷地に自宅」-民主・菅氏

2月22日19時1分配信 時事通信

 民主党の菅直人代表代行は22日午後の記者会見で、自民党の中川秀直幹事長の広島県東広島市の自宅や後援会事務所などが財団法人の敷地内にあると指摘した。その上で「財団法人は、個人後援会事務所や自宅に使うべきではないとされている」と今後追及する考えを示した。

 菅氏が問題にしたのは「財団法人耕道会館」。菅氏によると、中川氏の義父が1961年に土地を同財団に寄付。義父の死後に中川氏が財団の理事長に就任し、89年に敷地内に財団の資金で自宅を建設した。菅氏は「(義父が亡くなった際)相続税を払ったのかという疑問もある」と問題視。土地や建物の所有権や相続税支払いの有無などを説明するよう求めた。
[PR]

by deracine69 | 2007-02-22 19:01 | 政治  

<< 米政府批判発言の久間防衛相「配... <中川幹事長>首相に陳謝 「忠... >>