<長崎市長射殺>娘婿の横尾氏が出馬表明

4月18日16時39分配信 毎日新聞

 長崎市長選に立候補していた伊藤一長市長(61)が銃撃されて死亡したことを受け、市長の長女の夫で、西日本新聞記者の横尾誠氏(40)が18日午後、後継候補として立候補を表明した。

 伊藤市長の死亡にともない、市選管は18日、公選法の規定に基づき、補充立候補の受け付けを始めた。22日に投開票される市長選には、ほかに新人3人が立候補している。
[PR]

by deracine69 | 2007-04-18 16:39 | 政治  

<< 中国でも新幹線登場、北京―上海... 長崎市長銃撃 大阪市も危機感強める >>