赤城農相の政治団体、親族宅を事務所に経費計上・実体なく

2007年7月7日 7時00分 日経

 赤城徳彦農相(衆院茨城1区)の政治団体「赤城徳彦後援会」が親族宅を事務所の所在地として届け、毎年多額の経常経費を計上していたことが6日、分かった。人件費や事務所費、光熱水費などの合計は2005年までの10年間で約9000万円に上る。政治団体の代表者は「事務所として使っていなかった」と実体がなかったことを証言した。

 家賃などにあたる事務所費は計約1630万円を計上しているが、同農相の事務所は「家賃は発生していない」と親族宅の家賃を支払っていないことを認めている。
[PR]

by deracine69 | 2007-07-07 07:00 | 政治  

<< 大きな窓、温水便座も装備 ボー... 防衛施設庁巡る官製談合、ゼネコ... >>