赤城氏の顔にガーゼ 理由、また「非公開」

2007年7月17日 中日新聞

 日本の食料戦略について議論する「食料の未来を描く戦略会議」の初会合が十七日、首相官邸で開かれたが、主宰する赤城徳彦農相が顔に大きなガーゼを張った姿で現れた。事務所費問題で「時の人」となっているだけに出席者を驚かせた。

 赤城農相は左ほおに約四センチ角のガーゼを張っていたほか、額にもテープのばんそうこうを張った姿。

 会議後に行われた閣議後記者会見でも記者からの質問に対し、「大したことではない」「心配には及ばない」と繰り返すのみで理由の説明を避けた。事務所費の領収書についても非公開の姿勢を変えなかった。

 記者の間では「現職の大臣のけがの理由の説明がないのは納得できない」との不満の声が出されたため、赤城農相は事務方を通じ「公務によるものではない。肌が弱いことがあり、かぶれたかもしれない」とのコメントを出した。

関連記事
[PR]

by deracine69 | 2007-07-17 17:00 | 政治  

<< 「イデオロギーに支配され古い」... 安倍首相、お坊ちゃんコンプレッ... >>