「イデオロギーに支配され古い」=安倍首相の外交路線を批判-加藤氏

2007/07/17-17:02 時事通信

 自民党の加藤紘一元幹事長は17日午後、都内で講演し、安倍政権の外交路線に関し、拉致問題を重視するあまり日本が6カ国協議などで取り残される恐れがあると指摘、「安倍晋三首相と麻生太郎外相の外交感覚は、イデオロギーに支配されすぎていて古い」と痛烈に批判した。

 加藤氏は、18日からの6カ国協議首席代表会合に触れ、「日本は拉致問題があってなかなか柔軟な対応ができないが、注意しないと取り残される。ある日、米朝が国交樹立の方針で合意したということになったら、日本外交の立つ瀬はない」と強調。「安倍さんと麻生さんは、強いイデオロギーで外交を進めているから柔軟な道を取れない」として、北朝鮮への強硬姿勢の転換を求めた。

安倍政権を相手にせず=日朝対話「当分ない」-総連機関紙
[PR]

by deracine69 | 2007-07-17 17:02 | 政治  

<< 6か国協議、各国代表が相次ぎ北... 赤城氏の顔にガーゼ 理由、また... >>