民主、目標「55」に厳しい認識 情勢分析で小沢代表

2007年07月17日 朝日新聞

 民主党の小沢代表と菅直人代表代行、鳩山由紀夫幹事長らは17日、参院選で党独自に行った情勢調査をもとに中盤以降の選挙戦略を協議した。「いくつかの選挙区で緩みがある」(鳩山氏)と分析し、小沢氏は「このような状況では目標の55議席には届かない」と厳しい認識を示した。

 協議後、鳩山氏は記者団に「あと一歩で追いついたり、ぎりぎりリードしたりしたという選挙区にできるだけ重点を置いて日程を組んでいく。決して楽観は許されない状況だ」と述べた。

 選挙区では、小沢氏が東北地方を直接担当する。栃木や北陸では「良い雰囲気になってきている」(鳩山氏)と支援を強化。中国、四国、九州では接戦を展開しているとしてテコ入れを図る考えだ。民主が2人を擁立した3~5人区でも、週末に党幹部の街頭演説を集中させるなど支援態勢を強めていく。

 政策面では年金問題に加え、赤城農林水産相の事務所費問題など「政治とカネ」の問題も訴えていく。地震が起きた新潟県については鳩山氏は「このような時に選挙運動をやる、パフォーマンスをすることが、特に被災された方々にどのように映るか、ということがある」と述べ、選挙活動を控えめにする考えを示した。
[PR]

by deracine69 | 2007-07-17 23:59 | 政治  

<< 小4女児を盗撮、警察官逮捕=カ... 期日前投票10%増 与党に警戒感も >>