「究極の選挙違反」=政府広報で告発準備-民主

7月19日13時3分配信 時事通信

 民主党の鳩山由紀夫幹事長は19日、同日の朝刊各紙に折り込まれた政府広報に年金記録漏れ問題と定率減税全廃に関する与党の主張がそのまま記載されているとして、安倍内閣を公職選挙法違反で告発する準備に入ったとの談話を発表した。

 談話はまた「参院選の最大争点となっている事項について、選挙期間中にこのようなことが許されるならば公選法は有名無実になる。これは究極の選挙違反であり、『政府』の名を借りた選挙運動への税金の流用だ」と批判した。
[PR]

by deracine69 | 2007-07-19 13:03 | 政治  

<< <君が代拒否>教職員137人の... 世耕候補(自民)が初の管内入り >>