<麻生外相>「アルツハイマーでも分かる」 講演で発言

7月19日22時11分配信 毎日新聞

 麻生太郎外相が19日、富山県高岡市での講演で国内外の農産物の価格差について触れ「7万8000円と1万6000円はどっちが高いか。アルツハイマーの人でも分かる」などと発言した。

 参院選富山選挙区(改選数1)に立候補している自民現職の決起集会で、日本の農産物が高価格だとされることに対し、1俵1万6000円の日本の米が中国では7万8000円で売られているとして、「アルツハイマー」を引き合いに出した。

 決起集会には高齢の支持者もいたが、麻生外相は年金問題について「この問題は30年後の話。今払っているやつが心配するのは分かるが、おたくらは関係ないんだ」と語った。【茶谷亮】
[PR]

by deracine69 | 2007-07-19 22:11 | 政治  

<< 安倍政権の倒閣を企てた官僚たち... 毛皮向けタヌキの繁殖に成功―安... >>