麻生外相「アルツハイマーでも分かる」

2007年07月20日 スポニチ

 安倍内閣の閣僚からまたまた失言が飛び出した。麻生太郎外相は19日午後、富山県高岡市内で講演し、日本と中国のコメの価格差について「(日本では)標準米の1俵は1万6000円ぐらいだが、中国では7万8000円(で売られている)。7万8000円と1万6000円はどちらが高いか。アルツハイマーの人でもこれぐらいは分かる」と発言した。

 漫画好きとして知られる麻生氏はオタクにも人気の特異なキャラクターで街頭遊説には定評があり、“ポスト安倍”の有力候補の1人。今参院選では、失点が多く不人気の安倍内閣の閣僚の中でも、小池百合子防衛相と麻生氏だけは別で、各地の自民党候補者から応援依頼が殺到していた。

 しかし、べらんめえ口調で歯に衣(きぬ)着せぬ物言いが特徴でもあり、常に失言の心配がついて回っていたのも事実。今回の失言は、対中コメ輸出の利点を分かりやすく説明し、奨励する趣旨とみられるが、近年急増しているアルツハイマー病患者や家族に対する配慮を欠いた不適切な発言といえる。

 山間部の農村など、保守的な高齢層に支持者の多い自民党にとって、年金問題や久間章生前防衛相の「しょうがない」発言などで逆風が吹く中で、新たなダメージとなりそうだ。今回の発言をめぐり、野党が閣僚の不適切発言として追及する可能性は大きく、安倍内閣はさらに追い込まれそうだ。

 麻生氏は同日深夜、都内で記者団に「発言の一部に不適切な表現があった。関係者の方々にご迷惑をお掛けした。おわび申し上げたい」と述べた。

関連記事



「アルツハイマーの人でもわかる」麻生外相が講演で発言
2007年07月19日20時16分 朝日新聞

 麻生外相は19日、富山県高岡市内で講演した際、国内外の米価を比較する例え話の中で「7万8000円と1万6000円はどちらが高いか。アルツハイマーの人でもわかる」などと発言した。

 麻生外相は、国内の農産物が高いと思われがちだとしてコメの価格に言及。1俵1万6000円の日本の標準米が、中国では7万8000円で売られているとしたうえで「どっちが高いか。アルツハイマーの人でもわかる。ね。こういう状況にもかかわらず、中国ではおコメを正式に輸入させてくれませんでした」などと述べた。

 参院選富山選挙区(改選数1)に立候補した自民の野上浩太郎氏の総決起大会に出席するため、同県を訪れていた。
[PR]

by deracine69 | 2007-07-20 07:29 | 政治  

<< 訃報 河合隼雄さん死去79歳 ... 柏崎原発 地下に放射能帯びた大量水 >>