麻生氏発言に野党反発

2007年7月20日 7時2分 日本経済新聞

 麻生太郎外相は19日午後、富山県高岡市内で講演し、日本と中国のコメの価格差について「(日本では)標準米の1俵は1万6000円ぐらいだが、中国では7万8000円(で売られている)。7万8000円と1万6000円はどちらが高いか。アルツハイマーの人でも、これくらいは分かる」と発言した。麻生氏は同日深夜、都内で記者団に「発言の一部に不適切な表現があった」と述べ、陳謝する考えを示した。

 対中コメ輸出の利点を分かりやすく説明し、奨励する趣旨とみられるが、近年急増しているアルツハイマー病患者や家族に対する配慮を欠いた発言。民主党の鳩山由紀夫幹事長は19日夜、記者団に「人を傷付ける閣僚があまりに多い。柳沢(伯夫)厚労相の女性蔑視(べっし)発言と同じくらいか、それ以上だ。あぜんとする話で情けない」などと述べた。
[PR]

by deracine69 | 2007-07-20 07:02 | 政治  

<< 柏崎原発 地下に放射能帯びた大量水 丸川珠代氏号泣 >>