そこまでやるか!? 安倍首相 新潟ヘリ移動の見苦しさ

7月20日10時0分配信 日刊ゲンダイ

 新潟県中越沖地震が発生した16日、安倍首相は遊説先の長崎からトンボ返りすると、防災服に身を包み、官邸からヘリを飛ばして現地入りした。ここぞとばかりに張り切ったわけだが、危機管理の専門家は「司令塔がアタフタ動いてどうする」と呆れていた。人の不幸に乗じた選挙対策はいい加減にした方がいい。

 ヘリで柏崎入りした安倍首相は、東京電力の柏崎刈羽原発や住民が避難している小学校を駆け足で視察すると、3時間足らずで、東京に戻った。こんな短時間で、「何したの?」という中身だ。

 安倍は自分の現地入りの前に溝手防災担当大臣を現地入りさせている。そのうえ、“司令塔”の首相まで出張る必要があったのか。安倍は甘利経産相も同行させている。閣僚が3人も出向いたことになる。

「現地はただでさえ大混乱なのに、首相や大臣がノコノコ来たら、その対応で追われることになる。百害あって一利なしだ」(現地関係者)

 自民党の幹事長経験者は「参院選目当てと受け取られかねない」と語っていたが、誰がどう見たって、選挙向けのパフォーマンスだ。元内閣情報調査室長の大森義夫氏(大森事務所代表)はこう言っていた。

「自然災害への対応は自治体主導。安倍首相は官邸で情報を集め、指示する司令塔です。遊説先から官邸に戻るのはいいとして、それ以上は動きすぎです。もっとも、民主党も鳩山幹事長が現地入りした。与野党とも選挙対策を意識しすぎです」

 あの小泉前首相でさえ、05年の福岡県西方沖地震の直後は「私が行くと迷惑がかかる」と、“視察パフォーマンス”を控えた。これが当然の対応だ。中川幹事長は「今度の台風、そして、地震。責任政党としてあらゆる対策を行い、皆さんをお守りする」とか言っていたが、ロコツだ。災害も選挙利用ということだ。

 安倍は、14日には遊説先の大阪でタコ焼きを食べ、自分で焼いた感想を聞かれて、「いやあ、おいしかった。思いのほかうまくできたなあ」なんて、ノンキに答えていた。この時、九州では台風が吹き荒れていた。さすがに非難されると、その日の夜10時になって、あわてて災害対策関係省庁局長会議を開いた。みんながパフォーマンスに呆れていたら、翌々日はヘリである。

 この首相につける薬はない。
[PR]

by deracine69 | 2007-07-20 10:00 | 政治  

<< 車の運転を注意、女性が首を切ら... 訃報 河合隼雄さん死去79歳 ... >>