<麻生氏発言>官房長官「的確性欠く」 野党「許されない」

7月20日13時3分配信 毎日新聞

 麻生太郎外相が19日の講演で「アルツハイマーの人でも分かる」などと発言した問題で、塩崎恭久官房長官は20日午前の記者会見で「的確性を欠いていた」と述べ、発言は不適切だったとの認識を示した。その上で「外相も自ら『発言は不適切』と認め、関係者に不快感を与えたことに謝罪したと理解している」と述べ、沈静化に努めた。

 麻生外相は19日、富山県高岡市での講演で、1俵1万6000円の日本の米が中国で7万8000円で売られていると説明する中で「どっちが高いか。アルツハイマーの人でも分かる」と述べた。外相は20日午前、参院選の期日前投票で東京都千代田区役所を訪れたが、毎日新聞の取材には「コメントしない」と語った。

 一方、民主党の鳩山由紀夫幹事長は同日午前、外相発言について「あまりにも軽はずみで、病に侵されている人の気持ちを全く理解しない発言だ。とても許されない」と批判。その上で「安倍晋三首相の任命責任も含めて何でこんな内閣を組織したんだと断固抗議したい」と、都内の自宅前で記者団に語った。共産党の市田忠義書記局長も「アルツハイマーで苦しむ人やその家族の気持ちもわきまえない重大な発言だ。到底許すことはできない」と批判するコメントを発表した。
[PR]

by deracine69 | 2007-07-20 13:03 | 政治  

<< 消費期限偽りハンバーグ販売=総... <年金算定ミス>原告が陳述「国... >>