塩崎官房長官の経費疑惑、共産党が指摘 本人は否定

2007年07月21日00時04分 朝日新聞

 塩崎官房長官の政党支部と後援会が松山市の同じ場所に事務所を置き、05年の計約2100万円の事務所費のうち約1330万円の使途がわからないと、共産党の機関紙「しんぶん赤旗」が22日付の日曜版で報じることが分かった。同党の志位委員長が20日、記者会見で明らかにした。

 同紙などによると、塩崎氏が支部長の「自由民主党愛媛県第1選挙区支部」が約580万円、「塩崎恭久後援会」が約1530万円の事務所費を05年に計上。家賃や政党支部の電話代、リース料などの合計約770万円を除いた残りの約1330万円について、同紙は「どこに消えたのか」と疑問視している。

 これに対し、塩崎氏は同日、事務所費は三つの事務所を合わせたものだと説明し、「適切に処理されている」と強調した。

関連記事
[PR]

by deracine69 | 2007-07-21 00:04 | 政治  

<< ブログに不適切な表現、批判を受... 【相場英雄 マネーの深層】 与... >>