安倍首相:菓子のかけら投げられる?銀座で参院選遊説中

2007年7月22日 21時00 毎日新聞

f0013182_1362692.jpg参院選候補者の応援演説に訪れ有権者らと握手をしていた安倍晋三首相(手前)の頭上に飛んできた食べ物のかけら=東京・銀座で22日午後2時36分、丸山博撮影

参院選候補者の応援演説に訪れ有権者らと握手をしていた安倍晋三首相(中央)の近くに飛んできた食べ物のかけら(中央下)=東京・銀座で22日午後2時36分、丸山博撮影 22日午後2時36分ごろ、東京都中央区銀座4丁目交差点近くの歩行者天国で、参院選遊説途中の安倍晋三首相が、車から降りて演説会場まで歩く途中、すぐ近くに菓子のかけらのような物が飛んだ。警備の警察官たちはとっさに安倍首相をかばう態勢になったが、首相はそのまま握手しながら会場へ向かった。

 首相周辺によると「お菓子のようなものが2、3個飛び交ったが、首相には当たっていない。当たっていたら暴行容疑で逮捕している」という。



<安倍首相>遊説中の菓子は「子どものカステラ飛んだだけ」
7月23日18時31分配信 毎日新聞

 塩崎恭久官房長官は23日の記者会見で、安倍晋三首相が22日に東京・銀座で参院選演説会場に歩いて向かう途中に近くをお菓子のかけらのような物が飛んだことについて「事件性は全くなく、子どもさんのカステラが飛び散ったというような話らしい」と説明した。

 また、舛添要一自民党参院政審会長が22日に大阪市で参院選の選挙運動中、聴衆の男が運動員を暴行して逮捕されたことについて「民主主義に暴力はあってはならないわけで、許されることではない。非常に遺憾な事件が起きた」と非難した。
[PR]

by deracine69 | 2007-07-22 21:00 | 政治  

<< 与党過半数、厳しい情勢=自民1... 地震・「魚は安全」と新潟県知事がPR >>