群馬知事選、自民・新人の大沢氏が初当選…現職5選を阻む

7月22日23時43分配信 読売新聞

 群馬県知事選は22日、投開票が行われ、新人の前県議会議長・大沢正明氏(61)(自民=公明推薦)が、5選を目指した現職・小寺弘之氏(66)(無)ら4氏を破り、初当選を果たした。

 投票率は53・41%(前回37・41%)だった。

 大沢氏は、副知事人事などを巡って小寺氏と対立を深めた自民党が擁立。全国の知事選での同党公認候補は11年ぶりで、同党の地盤が強い群馬県の知事選では初となる「現職対自民党」の構図になった。大沢氏は小寺氏の多選や政治手法を批判、年金記録漏れ問題などによる逆風の中、自民党国会議員などからの組織的な支援や公明党の推薦を受け、終盤で逆転した。
[PR]

by deracine69 | 2007-07-22 23:43 | 政治  

<< ヤンキー先生大ウケ!銀蝿・嵐が応援 参院選後の臨時国会で最低賃金上... >>