大連立を否定 小沢・民主代表

7月23日8時0分配信 産経新聞

 民主党の小沢一郎代表は22日、民放テレビの番組に出演し、参院選で与党を過半数割れに追い込んだ場合、民主党が自民党と大連立する可能性について「あり得ない」と否定した。

 また、与野党逆転後の参院での法案審議について「政府の出してくるものは根本的に変えないといけない。参院で全面修正することも、法案を出すこともできる」と述べ対決姿勢をとる考えを強調した。さらに、「政府がわれわれの主張にあくまでも反対なら、(衆院が)解散となるかもしれない」と述べた。
[PR]

by deracine69 | 2007-07-23 08:00 | 政治  

<< 舛添氏が街頭演説で麻生外相と同席拒否 「安保の現場」イラクと北朝鮮<... >>