どんな結果でも安倍首相は続投 塩崎氏

2007年7月23日 東京新聞

 塩崎恭久官房長官は二十二日、松山市で街頭演説し、参院選で与党が苦戦を強いられていることをめぐり「どういう結果が出ようともこの安倍改革の流れを止めてはならない。その意気込みでわれわれは進んでいく」と述べ、与党が大きく後退した場合も、安倍首相は続投する構えであることを示唆した。塩崎長官は「改革の流れを止めて喜ぶのは第一は民主党。恐らく二番目は北朝鮮ではないか」と強調した。
[PR]

by deracine69 | 2007-07-23 08:00 | 政治  

<< 舛添氏が街頭演説で麻生外相と同席拒否 「安保の現場」イラクと北朝鮮<... >>