高市氏「主人の発言、申し訳ない」 「花代」発言で陳謝

2007年07月24日19時12分 朝日新聞

f0013182_2093142.jpg 高市内閣府特命担当相は24日の記者会見で、夫の山本拓農水副大臣が松岡前農水相の事務所費問題について「芸者の花代として使ったと聞いた」などと発言したことについて、「私の主人の発言については本当に、特にご遺族の方に不愉快な思いをさせるもので、大変申し訳ない」と語り、夫に代わって陳謝した。

 高市氏は、相次ぐ要人の失言に「盛り上げようと冗談を言ったり、十分に考えないまま口に出てしまったりということが続いたのかもしれない。責任ある立場としての重みを十分にかみしめて適切に言葉を選ぶべきだ」と語った。



農水副大臣の「花代」発言、塩崎長官「悪すぎる冗談」
2007年07月23日12時33分 朝日新聞

f0013182_14261472.jpg 塩崎官房長官は23日午前の記者会見で、山本拓農水副大臣が自殺した松岡利勝前農水相の事務所費問題を「芸者の花代として使ったと聞いた」などと発言し、「冗談」として撤回したことについて、「悪すぎる冗談だ」と批判した。副大臣担当の下村博文官房副長官を通じて「こういった発言を二度としないように」と厳重注意したことを明らかにした。

 また、塩崎氏は新たに指摘された赤城農水相の関連政治団体の事務所費問題について「政治家としての活動であり、政府としてコメントは差し控える」と語った。

故松岡農水相 事務所費は“芸者代”だった!?
2007年7月23日 日刊ゲンダイ

 自殺した松岡農水相の「事務所費」について、ビックリ証言が飛び出した。副大臣として仕えていた自民党の山本拓議員(55)が地元の講演会でこう暴露してしまった。「何に使ったの?」と聞いたら、赤坂の芸者への20万、30万円の花代で、「領収書くれんのですよ。それを事務所費で払ったという話だった」と。うっかり発言だろうが、これでまた「政治とカネ」がクローズアップされるのは確実。

前農水相問題で発言、撤回~山本農水副大臣
2007/7/21 19:35 日テレNEWS24

f0013182_1428495.jpg 自殺した松岡前農水相の事務所費問題について、山本拓農水副大臣は20日の講演で「本人から芸者の花代として使ったと聞いた」と発言した。しかし、その後、不適切な発言だとして撤回している。

 「前の松岡さんだってね、事務所500万の使い道…たいした話じゃない。本人に聞いたが、もう死んじゃったし。新聞記者がいるか知りませんが、死んじゃったから…『何に使ったの』と言ったら、あの人、昔から『赤坂で大臣になったら飲ませる』と、赤坂の芸者に行く際に…20万、30万って花代だけど…花代は領収書がくれんのですよ。それを事務所費で払っていたという話だった」-これは山本副大臣が20日、地元の福井・坂井市で開かれた演説会で述べたもの。

 この発言の真意について、山本副大臣は21日、「きのうの発言を含めて…ウソというか、ウソをついた覚えはないけども、発言は適切じゃなかったということで、誤解を受けるということで取り消させていただきたい」と説明した。

山本拓 (Wikipedia)
[PR]

by deracine69 | 2007-07-24 19:12 | 政治  

<< 小沢代表「侮れば、必ず負ける」... <中越沖地震>中長期的には大き... >>