渡辺行革相、閣僚の対応を批判 事務次官経験者のヒアリング未出席問題で

7月24日12時51分配信 産経新聞

 渡辺喜美行革担当相は24日午前の記者会見で、「官民人材交流センター」の制度設計を検討している有識者懇談会の公開ヒアリングへの事務次官経験者の出席を、出身省庁が要請しなかった問題について「行政改革推進本部事務局と各省が、意図的か、意図せざるかは別として、結果としてサボタージュを行ったといわれてもやむを得ない」と指摘、各省庁の対応を批判した。

 また次回会合への次官OBの出席については、「今度は田中一昭座長名で、出席要請をすることに決まった。その手続きを早急に開始するように強く指示を出している」と述べた。
[PR]

by deracine69 | 2007-07-24 12:51 | 政治  

<< 参院選 無党派・若年層掘り起こ... 小池防衛相「失言、受け止め方に... >>