<参院選>国民新党・綿貫代表、自民党との距離強調

7月24日18時50分配信 毎日新聞

f0013182_20173392.jpg 国民新党の綿貫民輔代表は24日、地元・富山県南砺市の後援会の会合で「私は自民党とは決別している。政治の流れを変えるべきだ」とあいさつし、自民党との距離を強調した。各種世論調査などで与党の苦境が伝えられる中、選挙後の政局もにらみ態度を鮮明にさせたものとみられる。

 富山選挙区では、国民新党が民主、社民両党とともに無所属候補を推薦、自民党公認候補と争っている。綿貫氏は公示後、地元入りを控え、自民党から「わが党候補に対する最大限の配慮」(幹部)と受け止められていたが、この日の会合では「自分は期日前投票で自民党ではない人に投票した」と明言した。

 綿貫氏は23日のテレビ朝日の番組で「私はもうキャスチングボートという言葉を使わない」とも述べた。国民新党がキャスチングボートを握るには、与野党の議席が接近していることが不可欠で、「今の流れでは主導権はとれない」(同党幹部)と判断したようだ。【須藤孝、上野宏人】
[PR]

by deracine69 | 2007-07-24 18:50 | 政治  

<< 高市氏「主人の発言、申し訳ない... 北朝鮮メディア、安倍首相退陣を... >>