期日前投票、また交付ミス=比例と選挙区取り違え-広島

2007/07/24-16:59 時事通信

 29日投開票される参院選の期日前投票で、広島県選挙管理委員会は24日、三原市の投票所で有権者3人に選挙区と比例代表の投票用紙を逆に交付するミスがあったと発表した。公選法の規定で再投票はできないため、3人の6票は無効となった。

 県選管によると、三原市本郷支所に設けられた期日前投票所で、市選管職員が準備の際、投票用紙の自動交付機に選挙区と比例代表の色の異なる2種類の用紙を誤って逆にセットした。
[PR]

by deracine69 | 2007-07-24 16:59 | 政治  

<< 北朝鮮メディア、安倍首相退陣を... <iPhone>日本ではいつ買... >>