小沢氏「優勢報道に油断するな」

7月25日8時0分配信 産経新聞

 民主党の小沢一郎代表は24日、「必死で地上戦を戦い抜け」と題する檄文(げきぶん)を参院選候補者に送付した。

 17日の檄文に続く第2弾だが、民主党優勢との各種報道について「民主党に対する最も効果的な攻撃と考えるべきだ。何度も修羅場をくぐり抜けてきた私の直感がそう警告している。私が自民党の総司令官なら、同様のやり方で民主党を油断させる」と、党内の楽観ムードを戒めた。さらに、「参院選の帰趨(きすう)を決する1人区のほとんどで5000票以内の大接戦。数百票の僅差で勝敗が決まることも予想される」と強調している。
[PR]

by deracine69 | 2007-07-25 08:00 | 政治  

<< 過熱する海外布教 無謀“進出”... さつき氏“タカビー”一転土下座... >>