さつき氏“タカビー”一転土下座でお願い

2007年7月17日7時20分 日刊スポーツ

 自民党広報局長の片山さつき氏(48)が16日、滋賀選挙区の山下英利氏(54)の集会に応援弁士として出席し、土下座して出席者に年金問題などへの謝罪と山下氏支持を訴えた。

 片山氏は大津市内3カ所で行われた山下氏のミニ集会に出席。各会場約50人の前で社会保険庁の裏話などを遠州弁を織り交ぜて話し、最後は床に額をこすりつけて土下座。支援を要請し、年金問題を謝罪した。片山氏は「年金問題などで迷惑もかけてるし、有権者の方には土下座して謝るしかないでしょ?」とこともなげに、笑顔すら浮かべて言った。

 “タカビー”な発言がたびたび話題になり、民主党野田佳彦氏(50)からは「前原誠司代表をコイツ呼ばわりした」と非難された片山氏の土下座。「何とかなるでは甘い。党からも『何とかしてこい』と言われた」という土下座姿には気迫すら漂っていた。

丸川珠代氏大泣き (7月20日 スポーツ報知)
[PR]

by deracine69 | 2007-07-25 07:20 | 政治  

<< 小沢氏「優勢報道に油断するな」 「主人と自民信じて」-安倍首相... >>