四国九州で逆風、自民3勝26敗も…参院選最終情勢

西日本決戦「優勢」にも異変
ZAKZAK 2007/07/25

f0013182_1812320.jpg 「平成の関ヶ原」参院選(29日投開票)も終盤戦に突入した。候補者は票の掘り起こしに躍起だが、自民党への逆風は止まらない。与野党決戦の趨勢を決める29ある1人区の最新情勢は、どうなっているのか。政治評論家の小林吉弥氏と、政治広報システム研究所の久保田正志代表&夕刊フジ取材班が当落を予測すると、安倍自民は最悪なら「3勝26敗」という極めて厳しい結果となった。

 「自民と民主は九州、中国、四国で接戦となり、主戦場になっている。この1人区でどちらがとるのか。まさに西日本決戦だ」

 久保田氏は指摘する。夕刊フジ取材班と合同で独自のデータや情報網などを元に情勢を分析したところ、最悪の場合、自民党は「3勝26敗」という衝撃的な結果がはじき出された。

 自民候補が「優勢」に進める「3勝」は、知名度が高い群馬の山本一太氏、首相補佐官を務める和歌山の世耕弘成氏、安倍晋三首相のお膝元、山口の林芳正氏だけ。

 小林氏はこれに保守王国・富山の野上浩太郎氏を加え、「4勝25敗」を最悪ケースとみており、「1人区は自民党の牙城だったが、見る影もない。(1)年金問題(2)閣僚の失言(3)消費税問題(4)政治とカネ-の4点セットで大逆風だ」と分析する。

 公示前、小林氏は自民の「10勝19敗」、夕刊フジは「7勝22敗」と予測しており、自民への逆風はより強まっているようだ。

 1人区で、最大の注目は岡山だ。公示前は、自民参院幹事長の片山虎之助氏が「優勢」だったが、小林氏、合同取材班はともに、姫井由美子氏が「やや優勢」と判定した。「姫井氏は自民、公明支持層からも支持を得ている」(小林氏)

 中国地方は、島根からも目が離せない。参院自民党の“ドン”、青木幹雄参院議員会長(非改選)のお膝元ながら、ここでも異変が起きつつある。自民・景山俊太郎氏に勝負を挑む国民新党の亀井久興幹事長の長女、亜紀子氏が無党派層に浸透し、取材班は「やや優勢」と判定した。ただし、小林氏は「景山氏がやや優勢」。情勢は流動的だ。

 自民党が劣勢なのは、自民、公明両党の選挙協力がギクシャクしていることも背景にある。

 “震源地”は大分だった。自民が大分県出身の衛藤晟一前衆院議員を比例代表に擁立したことから、公明党は九州の比例票の目減りを懸念し、猛反発したからだ。

 久保田氏は「しこりはいまだ残り、公明党は九州などで気分よく動いていない」とみる。

 さらに、自民は佐賀で候補者差し替えに伴う出遅れ▽長崎は久間章生前防衛相(衆院長崎2区)の原爆投下「しょうがない」発言▽熊本は同時に行われている松岡利勝前農水相の自殺に伴う衆院熊本3区補選での保守分裂▽宮崎は自民元職と現職による分裂▽鹿児島は比例から出馬している「さくらパパ」横峯良郎氏が民主候補を支援-などの要因が加わり、小林氏と取材班は、九州6県のうち5県で自民候補「あと一歩」と分析した。

 大分だけは、社民推薦の松本文六氏と民主県連の独自候補・矢野大和氏の2人が出馬しているため、漁夫の利を得る形で自民の礒崎陽輔氏が「やや優勢」。自民の九州全滅は何とか免れそうだ。

 四国4県は自民候補の全滅も予想される。小林氏、合同取材班はともに自民4候補について、「あと一歩」とみた。高知については、自民・田村公平氏が、首相が掲げる「美しい国」を批判したことで話題となったが、「有権者は『田村氏は選挙戦が厳しく、切羽詰まっている』と見透かしたようだ。プラスになっていない」(小林氏)。

 東北4県は、どうか。山形と民主党の小沢一郎代表のお膝元・岩手は民主候補が「優勢」。秋田は、民主推薦の松浦大悟氏が元アナウンサーの知名度を生かして、やや先行している。青森だけは「民主・平山幸司氏が無党派層への食い込みがもう一歩」(久保田氏)と、自民・山崎力氏を平山氏が追う展開となっている。

 ほかに、注目すべきは森喜朗元首相の地元・石川。自民・矢田富郎氏が先行しているものの、元衆院議員の一川保夫氏は認知度が高く、小沢氏は形勢逆転に力を注いでいる。久保田氏は「事実上、森氏と小沢氏の代理戦争だ」と指摘する。

 改選数1減の影響で、現職同士の激突となった栃木は、民主・谷博之氏がリード。久保田氏は「自民の国井正幸氏はかつて労組系の旧民主改革連合で当選しており、保守票をまとめてきれていない」と分析する。

 農村部が中心の1人区は、かつて自民の「金城湯池」とされた。だが、自民党への逆風に加え、地方から敵陣に攻め込むという小沢氏の川上戦略が自民を着実に突き崩しつつあるようだ。

 1人区の「民主躍進、自民大敗」予測について、小林氏は「小沢氏の動きに加え、民主党が選挙公約にしている農業政策がかなり浸透してきた」と総括している。


【参院選1人区当落予想】
(左は小林氏、右は久保田氏&夕刊フジ 〇=優勢 △=やや優勢 ▼=あと一歩)


【青森】
  渡辺英彦  66 社新
△△山崎 力  60 自現
  高柳博明  37 共新
▼▼平山幸司  37 民新

【岩手】
  千田勝一郎 36 自新
  伊沢昌弘  60 社新
  若山明夫  55 共新
〇〇平野達男  53 民現

【秋田】
▼▼金田勝年  57 自現
△△松浦大悟  37 無新
  鈴木 知  30 共新

【山形】
  佐藤雅之  34 共新
〇〇舟山康江  41 民新
  篠原みえ子 59 自新

【栃木】
△△谷 博之  64 民現
  小池一徳  46 共新
▼▼国井正幸  59 自現

【群馬】
  酒井宏明  41 共新
〇〇山本一太  49 自現
  福田晃治  42 国新

【富山】
〇△野上浩太郎 40 自現
  泉野和之  50 共新
 ▼森田 高  40 無新

【石川】
△△矢田富郎  57 自新
▼▼一川保夫  65 民新
  浜崎 茂  39 無新
  近松美喜子 53 共新

【福井】
△△若泉征三  61 民新
▼▼松村龍二  69 自現
  山田和雄  40 共新

【山梨】
  花田 仁  46 共新
〇△米長晴信  41 民新
 ▼入倉 要  42 自新

【三重】
〇〇高橋千秋  50 民現
  中野武史  33 共新
  小野崎耕平 37 自新

【滋賀】
△〇徳永久志  44 民新
▼ 山下英利  54 自現
  坪田五久男 48 共新

【奈良】
△〇中村哲治  36 民新
▼ 松井正剛  54 自新
  中村篤子  49 共新

【和歌山】
  国重秀明  46 共新
  阪口直人  44 民新
〇〇世耕弘成  44 自現

【鳥取】
▼▼常田享詳  63 自現
△△川上義博  56 民新
  市谷尚三  69 共新

【島根】
△▼景山俊太郎 63 自現
  後藤勝彦  39 共新
▼△亀井亜紀子 42 国新

【岡山】
△△姫井由美子 48 民新
  林 福治  69 無新
  植本完治  48 共新
▼▼片山虎之助 71 自現
  北川 誠  43 諸新

【山口】
〇〇林 芳正  46 自現
  戸倉多香子 48 民新
  吉田貞好  54 共新

【徳島】
  花岡 淳  41 共新
▼▼北岡秀二  51 自現
△△中谷智司  38 民新

【香川】
▼▼真鍋賢二  72 自現
  近石美智子 59 共新
△△植松恵美子 39 民新

【愛媛】
  田中克彦  40 共新
△△友近聡朗  32 無新
▼▼関谷勝嗣  69 自現

【高知】
  村上信夫  43 共新
▼▼田村公平  60 自現
△△武内則男  48 民新

【佐賀】
▼▼川上義幸  52 自新
△△川崎 稔  46 民新
  中尾純子  54 共新

【長崎】
▼▼小嶺忠敏  62 自新
  渕瀬栄子  51 共新
△△大久保潔重 41 民新

【熊本】
▼▼三浦一水  53 自現
△△松野信夫  56 民新
  橋田芳昭  51 共新

【大分】
  後藤博子  59 国現
▼▼松本文六  64 無新
△△礒崎陽輔  49 自新
  山下 魁  30 共新
▼▼矢野大和  51 無新

【宮崎】
▼▼長峯 基  66 無元
▼▼小斉平敏文 57 自現
  東 治男  62 無新
△△外山 斎  31 無新
  井野元裕  38 諸新
  馬場洋光  38 共新

【鹿児島】
▼▼加治屋義人 69 自現
  山口陽規  54 共新
△△皆吉稲生  57 民新

【沖縄】
  西銘順志郎 57 自現
〇〇糸数慶子  59 無元
[PR]

by deracine69 | 2007-07-25 12:00 | 政治  

<< 【中国】小便で汚染・水換えず、... 忠実な老犬、主人の後追い入水自殺 >>