<新党日本>荒井議員ら離党を「許可」…田中代表

7月26日12時14分配信 毎日新聞

f0013182_13431964.jpg 新党日本の田中康夫代表は26日午前、党本部で記者会見し、同党を事実上離党した滝実衆院議員と荒井広幸参院議員について「離党届は出ていないが、離党を許可する形とする」と発表した。荒井氏の離党は、参院過半数をめぐる与野党の攻防に影響する可能性がある。同党は同日、総務省に所属国会議員がいなくなり、政党交付金の助成対象ではなくなったと届け出るほか、両議員の政党支部の閉鎖も届け出る。同党は05年衆院選の比例代表で2%以上の票を得ており、公職選挙法上は政党として存続する。【須藤孝】



滝、荒井氏の離党許可=新党日本
7月26日13時2分配信 時事通信

 新党日本は26日の役員会で、滝実衆院議員と荒井広幸参院議員の離党を許可し、総務省に関係書類を提出した。滝、荒井両氏は今月5日、一方的に同党解散を宣言する形で、事実上離党していた。これにより同党所属の国会議員はいなくなり、政党交付金の交付対象ではなくなる。

新党日本、荒井氏らの離党認める
7月26日12時39分配信 産経新聞

 新党日本の田中康夫代表は26日午前、党本部で記者会見し、解党を宣言していた荒井広幸参院議員と滝実衆院議員の処遇について、「2人から離党願いは出ていないが、本日開いた役員会で離党を許可した」と述べ、両氏が支部長を務める福島、奈良両県の支部閉鎖の届け出を総務省に提出したことを明らかにした。

 荒井、滝の両氏は5日解党を宣言し、無所属で活動する方針を発表したが、田中氏は解党を拒否していた。

みんなの評価-Yahoo!みんなの政治
[PR]

by deracine69 | 2007-07-26 12:14 | 政治  

<< 水道局から保健所から…続々“ニ... <ライス米国務長官>国交正常化... >>