ウワサの真相、 安倍晋三にテレビ目線を止めさせるのは誰だ?

2007年07月26日07時40分

【PJ 2007年07月26日】- 「安倍首相のテレビ目線が不気味だ」。そんなつぶやきがネットを中心に流れたことがあった。あれを教えたのはタレントのルー大柴だという説もあった。似ていると記者などは直観したが、2チャンネルをはじめあれこれとウワサの出所を探っても真相は分からない。

 ある内閣総理大臣補佐官が往年のグループサウンド好きだそうだ。そんなところから、あれはたぶんザ・カーナビーツのヴォーカル兼ドラマーのアイ高野が手本になったという説も根強い。耳にスティックを押し当て「おまえのすべーてー」と叫んだ瞬間の目線を取り込んだそうだ。いや歌詞のフレーズは違っているかも知れない。きっと「好きさ好きさ好きさ」の方だ。

 ドングリまなこが画面の中央からじっとこちらを見ている。ひたすらカメラ目線をつづける。一瞬たりとも離そうとしない。そのひたむきな真面目さが不気味だ。有史以来一国のリーダーをして目線一つで「キモッ!」と言わせたのは彼一人である。

 ウワサというのは傍若無人なものだが、あれで女性は失神モノだと教えたヤツは最もあくどい。見ている方がどこに目線をやれば良いのか分からなくなる。見つめられ、行き場を失った記者の目は思わず宙に浮いてしまった。

 カメラ目線が悪いとは限らない。ドングリまなこがいけなかった、という反省が官邸だか党本部だかの一部にあるらしい。これまたグループサウンドが引き合いに出されている。ザ・タイガースのジュリーだ。かって沢田研二に「君だけニー」と見つめられて、恋しない乙女はなかった。で、彼の目の形状が問題だそうだ。

 「いいかい、ジュリーの目は切れ長なんだよ」。ドングリでは思いがまなこにこもって、いけないそうだ。その点切れ長は思いがさらっと流れていく。「切れ長にはわびさびがある」。わびさびが足りなかったドングリの次は、切れ長の首相だというのがもっぱらのウワサだ。

 あざといだけのパフォーマンスは国民に見抜かれる。尊敬すら失う。そんな目線しか持たないリーダーはこの国にいらない。【了】
[PR]

by deracine69 | 2007-07-26 07:40 | 政治  

<< 定率減税廃止 野党「給与明細を... どうなる安倍政権 40議席未満... >>