<小池防衛相>「神戸の港湾組合、震災支援を阻害」発言

7月26日21時34分配信 毎日新聞

 小池百合子防衛相は26日、青森県弘前市内であった参院選比例代表候補者の個人演説会で、1995年の阪神大震災当時の救助活動について「アメリカ(の艦船)が支援のため神戸港に入ろうとしたところ、神戸の港湾組合が厳しいため、なかなか着岸できなかった」と述べた。これに対し、全国港湾労働組合協議会の玉田雅也事務局次長は「入港に反対した事実はない」として、防衛省に発言内容をただす考えを示した。

 小池氏は災害時の自衛隊の活動の成果に触れた際、当時の村山富市首相の対応批判に続いて語った。阪神大震災直後、複数の報道機関が「救援物資を積んだ自衛隊護衛鑑の荷揚げ作業を港湾労働組合が拒否した」と報道し、直後に訂正した経緯がある。

 防衛省報道室は「防衛省は当事者ではなく、コメントする立場にない」としている。【太田圭介】
[PR]

by deracine69 | 2007-07-26 21:34 | 政治  

<< 下村官房副長官「大敗なら首相も... 「入社時から給与に格差を」経団... >>