太田公明代表、赤城農水相の二重計上に苦言=塩崎官房長官「法に準拠は常識」

2007/07/27-12:47 時事通信

 公明党の太田昭宏代表は27日午前、参院選遊説のため訪れた埼玉県行田市で記者団に対し、赤城徳彦農水相が政治活動費を二重計上していた問題について「(国民に)よく説明できるように、きちっとしてもらいたい」と苦言を呈した。

 塩崎恭久官房長官は記者会見で「この問題で政府として良いか悪いかコメントしないが、政治資金収支報告はきちっと法律にのっとってなされるべきものというのが常識だ」と指摘した。

 塩崎長官はまた、赤城氏が中国出張中に体調を崩し帰国を1日遅らせたことについて、立ちくらみや下痢の症状があったため点滴と投薬を受けたと説明。「疲労の蓄積が主な原因で暑さに負けたこともあったようだが、だいぶ回復した」と述べた。
[PR]

by deracine69 | 2007-07-27 12:47 | 政治  

<< 麻生外相、30日からマニラ訪問... 女子高生を尾行、住居侵入容疑で... >>