参院選後「ノーサイドで」=自民リーダーは当選9~7回-森元首相

7月27日19時1分配信 時事通信

 自民党の森喜朗元首相は27日午後、京都市で講演し、参院選後の国会運営に関し「(自民、民主両党が)協力できるテーマはいっぱいある。選挙が終わればノーサイドにして、仲良く日本のために何をやるかということに政治(の方向)を向けていくことが、国民に安心感を持たせることになる」と述べた。

 森氏はまた、「これからの自民党のリーダーはおおむね(衆院)当選9~7回でずっといく。この辺りがたくさん残っていかないと自民党や日本の政治がおかしくなる」と語った。安倍晋三首相(党総裁)は当選5回だが、将来的にはより経験を積んだベテランが党運営の中核を担うべきだとの考えを示したものだ。
[PR]

by deracine69 | 2007-07-27 19:01 | 政治  

<< <年金問題>社保庁、記録精査に... <抗議文>港湾労組協議会が小池... >>