舛添氏「満身創痍」全治4週間

2007年07月28日 スポニチ

 政治活動費の二重計上が発覚した赤城農相に対しては、自民党比例代表候補の舛添要一氏(58)が27日、東京都内での街頭演説で、「(選挙戦は)きょう(27日)とあす(28日)しかない。そういう時に、何でバカな大臣が後ろから弾を撃ってくるのか。選挙が終わったらケジメをつけさせる」と批判した。

 また、22日に大阪で演説した際、暴漢に襲われた件で、医師の診断書を公表。診断書によると、腰椎(つい)捻挫、腰随神経損傷で全治4週間。脚には治療のため80本のはりを刺しており「満身創痍(い)だけど、最後まで一生懸命やる」と述べた。
[PR]

by deracine69 | 2007-07-28 07:00 | 政治  

<< 仏・リビアの原子力協力調印 独... 原発被害、海外向け広報強化=誤... >>