民主の議長なら江田氏らが有力

2007年07月28日 スポニチ

 今期限りで政界を引退する扇千景参院議長の退任セレモニーが27日、参院で行われ、初当選から約30年間の議員生活を送った国会議事堂に別れを告げた。扇氏は拍手で見送る多くの職員に「ありがとう」を繰り返した。

 次期参院議長は参院選後の8月の臨時国会で選出されるが、最大会派(比較第1党)から選ぶのが慣例。民主党が初めて議長ポストを握る可能性が強まっており、江田五月元科学技術庁長官、輿石東参院議員会長らの名前が挙がっている。

 自民党が最大会派を維持すれば、青木幹雄参院議員会長(今回は非改選)の名前が浮上しているが、おひざ元の島根県で接戦が伝えられており、議席を落とせば候補から外れそうだ。
[PR]

by deracine69 | 2007-07-28 07:00 | 政治  

<< 仏・リビアの原子力協力調印 独... 原発被害、海外向け広報強化=誤... >>