<参院選>民主リード拡大 自民、依然苦戦 本社世論調査

7月27日3時7分配信 毎日新聞

 毎日新聞は25、26両日、電話による全国世論調査を実施し、29日投開票の参院選の終盤情勢を探った。自民、民主両党のどちらに勝ってほしいかを聞いたところ、民主が6月30日、7月1日の前回調査比1ポイント増の45%、自民が2ポイント減の31%。どの党、どの党の候補に投票するかを聞いた質問でも選挙区、比例代表ともに民主がさらにリードを広げており、「民主堅調、自民苦戦」という情勢に変化がないことが分かった。

 勝ってほしい政党の質問は昨年12月に始め、今回が6回目。5月の前々回調査で民主42%、自民33%と初めて民主がリードし、その後は調査のたびに差が開いている。

 投票先に関する回答を見ると、選挙区は民主が前回と同じ33%、自民が前回比2ポイント減の26%で、比例代表は民主が同1ポイント増の36%、自民が同2ポイント減の25%。選挙区で2ポイント、比例代表で3ポイント差が開く結果となった。

 政党支持率も民主が前回比6ポイント増の24%、自民が3ポイント減の22%となり逆転した。民主が自民を上回るのは、参院選直後の98年8月調査、衆院選直後の00年7月調査に次いで3回目。過去の2回の選挙ではいずれも自民が大きく議席を減らした。また、民主は従来、男性に比べ女性の支持が少なかったが、今回、女性の支持率も民主22%、自民21%となり、98年8月の調査以来約9年ぶりに民主が自民を上回った。

 他党の支持率は、公明6%、共産4%、社民3%、国民新1%、新党日本1%で、支持政党なしは34%だった。

 調査規模が違うので単純比較はできないが、19~21日に実施した特別世論調査では民主31%、自民21%とすでに逆転していた。

 参院選への関心は「ある」が前回比5ポイント増の82%、「ない」が6ポイント減の16%。投開票日が近づき、さらに関心が高まったことを示した。

 一方、安倍晋三内閣の支持率は昨年9月の発足以降最低の31%(前回比1ポイント減)、不支持率も最悪を更新する53%(同1ポイント増)で、反転の兆しは見えなかった。【平元英治】
[PR]

by deracine69 | 2007-07-27 03:07 | 政治  

<< 不支持理由「身内かばい、弱気く... <春日井簡裁>時効後も逮捕状更... >>