自民惨敗、与党過半数割れ…民主が参院第1党に

7月30日0時46分配信 読売新聞

 第21回参院選は29日、投開票が行われた。

 安倍首相が率いる自民党は焦点の1人区で相次いで敗れ、比例選でも改選議席を大きく下回り、40議席割れの惨敗を喫した。公明党も振るわず、自公両党の連立与党は、非改選議席を含め参院の過半数を初めて割り込んだ。

 民主党は選挙区、比例ともに自民党を大きく上回り、初めて参院の第1党となった。

 安倍首相は29日夜、引き続き政権を担う意向を表明し、人心一新のため内閣改造と自民党役員人事を行う考えを示した。参院議長は民主党から選ばれる公算だ。民主党は参院で主導権を握って政権を揺さぶり、早期の衆院解散・総選挙に追い込みたい考えだ。与野党の議席が参院で逆転したことで、政府・与党の国会運営が困難となるのは避けられない情勢だ。
[PR]

by deracine69 | 2007-07-30 00:46 | 政治  

<< 新党日本が比例選で1議席確保、... 参院選で与党が惨敗:識者はこうみる >>