<参院選>自民歴史的惨敗 安倍首相は続投表明

7月30日1時4分配信 毎日新聞

 第21回参院選は29日投開票が行われた。これまでの開票の結果、自民党は改選数1の1人区で6勝23敗と惨敗するなど振るわず、橋本龍太郎首相(当時)が退陣に追い込まれた98年の44議席にも届かず、40議席を割る歴史的大敗を喫する見通しとなった。年金記録漏れや「政治とカネ」、格差問題などが影響したとみられる。非改選議席を合わせた与党過半数(64議席)も大きく割り込む大敗だが、安倍晋三首相は29日夜、引き続き政権運営にあたる意向を表明した。一方、民主党は改選32議席を大幅に上積みする躍進で、参院第1党の座が確実となった。参院の与野党逆転という事態を受け、与党は極めて厳しい政権運営を強いられることになった。

 首相は29日夜、テレビ番組で「私の国造りはスタートしたばかりだ。これからも首相としての責任を果たしていかなければならない」と退陣を否定。これに先立ち首相公邸で会談した中川秀直幹事長に対しては「どんな結果になっても不退転の決意で臨みたい」と、続投への意欲を示した。

 今後の国会運営について首相は、テレビ番組で「第1党になるであろう民主党と協力し、民主党の主張でも取り入れるべき点は取り入れる」と表明、衆院の解散・総選挙は「早期に解散する考えはない」と否定した。

 惨敗となった1人区は、本来自民党の固い地盤だった。しかし、民主党の小沢一郎代表が1人区に的を絞った選挙戦を展開。東北、中国、四国、九州の各地方で軒並み議席を失い、当選は29選挙区中、群馬、和歌山、山口など6選挙区にとどまった。

 特に四国では全敗を喫し、岡山では片山虎之助参院幹事長が落選、青木幹雄参院議員会長の地元・島根でも議席を失った。この結果、12選挙区で非改選議席と合わせ「自民空白区」となった。

 比例代表も過去最低だった98年の14議席を下回る可能性がある。選挙区と合わせて40議席を割り込むのは確実で、非改選と合わせた同党の参院議席は80台にとどまり、過去最低となる。

 自民党が参院で「第1党」から転落するのは、1955年の結党以来初めて。過去の惨敗では、36議席だった89年には宇野宗佑首相が、44議席の98年には橋本龍太郎首相がいずれも引責退陣している。

 また01年の獲得議席と同じ13議席を目指した公明党も、埼玉、神奈川、愛知で前職を落選させるなど候補を擁立した5選挙区で苦戦。比例も伸び悩んでいる。同党候補が選挙区で落選するのは18年ぶり。

 一方、民主党は1人区での自民支持層切り崩しが奏功、さらに3人区の千葉など、5人区の東京でも2議席を獲得した。比例代表も20議席を突破する勢いで、04年に獲得した過去最多の50議席を大幅に超え、目標としていた55議席も上回った。

 共産、社民両党は比例代表でそれぞれ議席を得たが、自民・民主の対決に埋没して伸び悩んでいる。国民新党は島根選挙区で自民党から議席を奪った。

 今回の非改選議席は与党が58、野党61。【中川佳昭】

関連記事
[PR]

by deracine69 | 2007-07-30 01:04 | 政治  

<< 自民惨敗、過半数割れ=年金・政... 敗因は「年金への怒り」=安倍首相 >>